人気スマートフォンRPG『Fate/Grand Order』(以下、FGO)のPlayStationVR向けコンテンツ「Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト」(以下、VRドラマ)の無料配信が、2017年12月6日に始まった。

プレイヤーはスマホ版と一味違う、VRコンテンツの立体感を味わいつつ、ヒロインのマシュ・キリエライトと「2人」だけの時間を共有できる。

マシュの成長を見守る

同VRコンテンツでは、プレイヤーがマシュの「マスター」となる。物語はカルデアのマイルーム(マスターの自室)でマシュの相談を受ける場面からスタート。マシュはサーヴァントとして自信を持てるよう、トレーニングに励む。「マスター」たるプレイヤーの務めは、そんな彼女にトレーニングの指示を出し、傍らでメガホン片手に応援し見守ることだ。

トレーニングは、FGOでもおなじみの「Quick(敏捷性アップ!)」「Arts(平衡感覚アップ!)」「Buster(筋力アップ!)」の3つだ。プレイヤーがどうトレーニングを指示するかで、アナタ好みのマシュに成長する。

ツイッターなどネットでは、

「マシュVRはスデに我が手中にある」
「マシュVRすげえんだけど」

などと夢中になるユーザーが続出している。

実際に記者も体験してみたが、マシュが耳元で「先輩」「マスター」とささやき、至近距離に近づいてくるため、まるでリアルに目の前にいるかのような錯覚に陥った。時折、目のやり場に困る瞬間もあったくらいだ。

ゲームで遊んだ関係者によると、最後までクリアすると「隠し」ストーリーも楽しめるようになるそうだ。