脳が活性化する休日の過ごし方は――「デートです」。

テレビの教育バラエティ番組でこんなやり取りが放送され、恋人のいないネット民から「相手がいない人はどうすれば...」「彼氏が欲しい!」とのため息がもれている。

昼間に脳を活性化させることが重要

2017年12月16日放送の「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)は、「今年わかった16の新常識SP」と題し、「料理」「音楽」「スポーツ」などジャンルごとの「新常識」をランキング形式で紹介した。

9位の「睡眠」で取り上げたのが、米国のスタンフォード大学が提唱して「2017ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート作品となった「睡眠負債」だ。

言葉の意味は、睡眠不足も借金と同様、「返済」できないと利子が膨らみ、脳と体が「自己破産」してしまう――というもの。同大学の研究によれば、日本人の約4割は、1日の睡眠時間が6時間を下回り、これは世界一短いという。

番組では、杏林大学の古賀良彦名誉教授が「週末に『寝だめ』するのは、生活リズムを崩すため、逆効果になってしまう。週末の夜にいかに深く眠るか、がポイントになる」と指摘した。

番組のナレーションは「夜深く眠るためには、昼間にたくさん脳を活性化させることが重要です」と説明し、

「ここで問題です。脳が活性化する休日の過ごし方は?」

と視聴者に質問した。

「正解は、デート」

「男同士でもええんやろ?」

「脳が活発に働くのは、コミュニケーションを取っている時です。特にデートは、大事なコミュニケーションの連続ですから、脳の活性化にとても役立ちます」(古賀教授)

ツイッターではこの正解に、恋人のいないユーザーから

「彼女欲しくてもできないワイ、憤死」
「大半の若者が活性化できずに月曜日を迎えます」
「相手いない人はどうすればいいんですかー?って思うやつな」
「これは、非リアに喧嘩を売ってますねぇ〜wwwww、、、彼氏が欲しい!」

と悲しげな声が殺到した。中には、

「同性どうしのデートは効果があるのですか?」
「男同士でもええんやろ?」
「二次元でも効果はあるのでしょうか?」

といった声もあった。

ちなみに、古賀教授は

「パートナーのいない方は親しいお友達に会えば良いのですよ。女性だったら女子会をやったり。こういうことでいいのです」

と話している。