ネスレ日本グループのネスレネスプレッソ(東京都品川区)は、コーヒーメーカー「Lattissima One(ラティシマ・ワン)」を、2018年4月17日に全国の家電量販店および「ネスプレッソブティック」などで発売する。

プロ向けレベルの19気圧・抽出システムを採用

「エスプレッソ」(40ミリリットル)と「ルンゴ」(110ミリリットル)のカップサイズコーヒー2種類のほか、ボタン1つでカプチーノやラテ・マッキャートなど、フォームミルクを使用した本格的なコーヒーも自宅で手軽に楽しめるというミルクメニュー対応型。

光沢とマットな質感を組み合わせた高級感のあるデザイン。カラーはシルキーホワイト、モカブラウンの2色を用意する。

同社コーヒーメーカーの特徴であるコーヒーの豊かなアロマ、しっかりしたボディー、深い味わい、なめらかなクレマを生み出すため、プロフェッショナル向けレベルの最大19気圧の抽出システムを採用した。ミルクタンク内の目盛りに合わせて牛乳を注ぐと、その分だけフォームミルクが抽出される新たなミルクシステムを搭載し、牛乳を無駄なく使い切れるとのことだ。

LEDアラート(湯垢およびミルクタンク洗浄)、9分間操作がないと自動的に「節電モード」に切り替わる機能などを搭載する。水タンク容量は約1.0リットル。価格は2万9700円(税込)。