ブルボン(新潟県柏崎市)は、「スライスキッチン ツナマヨ風味/バジルマヨ風味」を2019年3月1日に発売する。

「ツナマヨ風味」と「バジルマヨ風味」

スライス形状で様々な料理にアレンジが可能な食品シートシリーズから、米やパンなどと相性の良い「ツナマヨ風味」と、肉や魚などと合わせやすい「バジルマヨ風味」が登場。菓子作りや料理などで手軽に使用でき、調理時間や前後の準備、片付け時間の短縮に役立つという。1枚あたりの量が決まっているため、カロリーの調整もしやすい。また、フィルムを剥がして食品にのせるだけなので、誰でも簡単に使える。

「ツナマヨ風味」は、同社の子供を持つ女性社員のエピソードから誕生。「弁当のサンドイッチやサラダにマヨネーズをかけておくと、食べるときには水が出てしまう。食材が湿ってしまい、子供が食べてくれない」という声に応えた。

「スライス生チョコレート」の「チョコをシート状に成型する技術」でマヨネーズを固め、水が出ないよう加工。また、おにぎりやサンドイッチにも使える具材で、後片付けに手間がかかりがちなツナを採用し、「ツナマヨ風味」に仕上げた。さらに、購入しても使いきれず残してしまいやすいバジルを使用し、「バジルマヨ風味」も開発。

ツナマヨ風味のおにぎらずやえびサンド、バジルマヨ風味の「サーモンと野菜の包み焼き」、グリルチキンサラダなどが簡単に作れる。なお、3月1日から「スライスキッチン レシピサイト」で、同商品を使用したレシピを公開する予定だ。

希望小売価格は各200円(税別)。

また、同日に「スライス生チョコレート」「スライス生チョコレートいちごミルク」もリニューアル発売する。

希望小売価格は各250円(同)。