リコーおよびリコーイメージングは、360度カメラのエントリーモデル「THETA(シータ) SC2」を2019年12月13日に発売する。

顔を認識して美肌に見せる「顔モード」

気軽に持ち歩ける軽量コンパクトサイズで、簡単な操作で手軽に360度の全天球イメージが撮影できる。約1400万画素相当の全天球静止画と、4K(3840×1920ドット)相当、毎秒30コマの滑らかで臨場感ある全天球動画が撮影可能だ。

人物の顔を認識して美肌に見せる「顔モード」、夜間でも低ノイズで撮影できる「夜景モード」など、難しい設定不要でシーンに合わせて使用できる撮影モードを搭載する。

本体下部に状態表示が可能な0.5型有機ELディスプレーを備え、設定モードや内蔵リチウムイオン電池の残量などの情報が一目で確認できる。加えて「セルフタイマーモード」への切り替えボタンを新たに装備するなど、カメラ単体での操作性が向上したという。

USBケーブル、専用ケースが付属する。

カラーはピンク、ブルー、ベージュ、ホワイトの4色。

価格はオープン。