デジタルアート展「ETERNAL〜千秒の清寂」が羽田空港で、2020年2月7日まで開催中だ。日本の重要文化からのインスピレーションと、「時の概念」をテーマに、「千秒の清寂という時空」を表現した4つのデジタル作品を展示している。

アート展は、文化庁による、訪日観光客に日本文化の魅力を伝える取り組みの一環だ。1月31日、報道関係者を対象にトークショーと内覧会が行われ、制作に携わったクリエイターらが出席して作品について語った。

「時」は中立で誰もが持っている概念

まず、クリエイターらによるトークショーが行われた。

プロデュースを手掛けた、芸術文化活動団体「MUTEK.JP」の竹川潤一さんはコンセプトについて、「『時』というのは中立で、どなたでも持っている概念だと思います」と説明。また、「重要文化」として認められるにも時間は必要で、文化形成において重要な要素と考え、展示のキーワードにしたと明かした。

「伝承、紋、円、自然の美」をテーマに、自然が描く輪郭をモチーフにした映像作品「Moment in Composition」。大小様々な「正円」が登場し、自然の美しさと調和を感じさせる。円が波や地形などの風景に重なったとき、自然の法則性が潜んでいるという「感覚」を表現した作品だ。着物に家紋を描く「紋章上繪師」の波戸場承龍さんと波戸場耀次さんが模様を描き、メディアアーティストの瀬賀誠一さんがそれをデジタルに応用した。

瀬賀さんは「紋章上繪師のお二人が見ている世界を僕なりに想像して解釈していきました」とコメント。耀次さんは、出来上がった作品を見て「鳥肌が立ちました」と語った。

千本鳥居の「間」に焦点を当てた作品

「神域」を作品のテーマに、京都・伏見稲荷大社の「千本鳥居」をモチーフにしたインスタレーション作品「intangible film」は、会場の中に入って最初に展示されている。千本鳥居を形成する各ゲートの「間」に焦点を当てて制作された、無数の真っ赤なレーザー光からなる作品だ。

手掛けたのは、アーティストの藤元翔平さんと、音楽家の國本怜さん。鑑賞者はヘッドフォンを装着し、構造体の外側と内側の両方から、視覚と聴覚で作品を体感できる。

トークショーで、「本来はひとつで良いはずの鳥居を、人はなぜ連ねたのか疑問を持ちました」と藤元さん。数多くある鳥居と鳥居の間の「空白」に着目したという。サウンドを担当した國本さんは、「鳥居という『オブジェクト』からそれが連なり『通路』になる過程には、どのような思いがあったのか、考えながら制作していきました」と語った。

藤元さんは、トークショー後の内覧会でJ-CASTトレンドの個別取材に応じた。作品について「神社は当たり前のように人々の身近にあるもの。何気なく鳥居をくぐると、くぐった瞬間に背筋がシャキッとするような感覚は感じる人も多いと思います。それはどういうことなのか、というのを(國本さんと)ふたりで考えたひとつの結論です」と話した。

会場にはほかにも、「日本中世文学、随筆」を作品のテーマに、方丈記、京都・河合神社をモチーフにした「Fragments(Airport version)」、「禅、座禅、茶室」を作品のテーマに、京都・建仁寺塔頭「両足院」をモチーフにした「Stillness」が展示されている。