演歌歌手の藤あや子さん、タレントの最上もがさん、声優の悠木碧さんと花江夏樹さんがツイッターで、スヤスヤと眠っているネコの動画や写真を相次いで投稿している。

ツイートには共通して「#とろねこチャレンジ」というハッシュタグが付いている。

SNS上で話題の「#とろねこチャレンジ」

声優の花江さんは、2020年2月7日に「#とろねこチャレンジ」というハッシュタグを付けて、目と口が半開きになりリラックスしているネコの動画をツイッターで公開した。

藤さんは、2019年7月から保護猫の「マル」と「オレオ」を飼い始め、SNSで頻繁に2匹の様子を紹介している。2月10日の投稿は、飼い始めてまだ2日目の頃の「マル」が、立ちながらウトウト眠りに落ちそうになっている動画だ。こちらも「#とろねこチャレンジ」というハッシュタグが付けられている。

さらに、最上さんと悠木さんも2月12日に同じハッシュタグを付けて、それぞれネコが眠っている写真を投稿した。ユーザーから「かわいすぎる!」「癒される」と書き込まれた。

1投稿につき10円が寄付されるプロジェクト

「#とろねこチャレンジ」は、映像制作を手掛けるCHOCOLATE Inc.(東京都渋谷区)が20年2月7日に始めたプロジェクトだ。殺処分されるネコを減らす目的で、花王(東京都中央区)が展開する柔軟剤「ハミングLINNE」が参画している。

プロジェクトには誰でも参加可能だ。「とろけるようにスヤスヤ眠る」ネコの写真や動画をツイッターまたはインスタグラムに投稿すると、1つの投稿につき10円が花王から保護猫団体の特定非営利活動法人「ランコントレ・ミグノン」に寄付される仕組みになっている。

寄付金のうち、2割をキャットフード代に、8割をSNSを通じた「飼い主募集広告」に活用していくという。

「#とろねこチャレンジ」は4月30日までの予定だ。