JVCケンウッドは、スマートヘッドセット「WS-A1」など2モデルを2021年1月中旬から順次発売する。

「Amazon Alexa」「Googleアシスタント」対応の2モデル

いずれも完全ワイヤレスイヤホン形状を採用し、音声アシスタントを搭載。スマートフォンとBluetooth接続によりペアリングすることで、本機にタッチして音声アシスタントに話しかけるだけで、スマートフォンを手にすることなく音楽の再生や電話、ナビ案内などの操作や、通知を音声で聞くことができる。

片側3個のマイクを内蔵するほか、音声アシスタントをより活用するための独自のアルゴリズム信号処理を実装。「騒音が多い屋外などでの正確な音声認識」、「周囲音の遮断と取り込みのシームレスな切り替え」、「外部から発せられる人の声の明瞭化」を実現した。

10ミリ径のベリリウムコーティング振動板採用のドライバーによる高音質の音楽再生が楽しめる。

耳穴にやさしくフィットしやすい独自の新形状のイヤーピースと、自然な耳当たりを追求したというやわらかい素材と硬い素材の2層(ダブルレイヤーシリコン)のイヤーサポートによる「イヤーピロー」を新開発。長時間でも快適な装着が可能だという。

ノイズキャンセリング機能オン時でも約8時間の連続再生、ワイヤレス充電「Qi(チー)」準拠の充電ケースと組み合わせれば最大約24時間の長時間再生を実現。

通信方式はBluetooth 5.2、A2DP/AVRCP/HFP各プロファイル、SBC/AAC/aptX各コーデックをサポート。充電用USB Type-Cケーブル、イヤーピース(S/M/L)、イヤーサポート(同)が付属する。

「Amazon Alexa」対応「WS-A1」、「Googleアシスタント」対応「WS-A1G」(2月上旬発売)2モデルを用意する。

市場想定価格は3万5000円前後(税別)。