【J-CASTトレンド「今週こんなことがありました」】

「2月は逃げる」と言われるように、もう月の終盤だ。今週は、「菅首相の長男」をめぐる接待問題で内閣広報官がやり玉に挙げられたほか、農林水産省の官僚も接待で処分が下り、国会でひと騒動となった。

同時に、令和に入って2度目の天皇誕生日があった今週、話題の新商品が次々と発表・発売された。

2月は祝日が2回

■「天皇誕生日」世代で異なるイメージ 「昭和の日」「文化の日」も昔は

11日の「建国記念の日」とともに、令和の世の2月では23日も「天皇誕生日」として祝日となっている。平成はクリスマスイブ前日の12月23日、昭和は4月29日で、世代によっては抱くイメージも違うだろう。ところで、大正天皇とクリスマスの意外な関係性を知っているだろうか。

■「猫バンバン」で安心しないで 「猫の日」に確認「叩いた後ボンネット開ける」

22日に定められた「猫の日」には、愛するペットの写真がSNSにあふれ、ネコが印刷された切手やバッグといったアイテムも発売された。そんな人気者のネコだが、自動車のエンジンルームに入りこむトラブルがしばしば起こる。追い出そうとボンネットを叩いただけでは、実は不完全だ。

SNSで話題のアイスも

■「鬼滅の刃」がハッピーセットに また転売ヤーの餌食にならないか心配

大人気作「鬼滅の刃」のシールが、3月5日からマクドナルドのハッピーセットに登場する。子ども向けのメニューではあるが、転売屋の買い占めが生じないか気がかりだ。実はハッピーセットに付いてくるおもちゃはたびたび転売され、フリマサイトに出品されている。

■「牧場物語」新作出た 「ニンテンドースイッチ買わなきゃ」「あつ森と両方やる」

遊んでいるうちに長い時間が過ぎることでも知られる「牧場物語」。その新作が、25日に発売された。プレーできる日を待ち望んでいたファンの中には、気合を入れて有給休暇を取得する人もいたようだ。

■「かじるバターアイス」がバターすぎる 赤城乳業が明かす開発の舞台裏

ツイッターでは食べた人によるツイートが1万回以上リツイートされるなど、22日に発売された「かじるバターアイス」は早くも話題に。アイスとバターという組み合わせに着目した赤城乳業に、開発のコンセプトを聞いた。