日立グローバルライフソリューションズは、コードレス・スティッククリーナー「パワかるスティック PV-BL30H」を2021年3月中旬に発売する。同社の主要なクリーナーのヘッドなどに搭載している、ゴミがよく見えるLEDライトを進化させたほか、本体の軽さと吸引力の強さに配慮し開発したという。

軽量化とパワーを両立

ヘッド「パワフル スマートヘッド」に、白色に加え、最も明るく感じる波長に近いとされる緑色のLEDライトを採用した「ごみくっきりライト」を新搭載。照らされたゴミと影の明暗の差が大きくなることで、ゴミがさらに見えやすくなる。

合計7灯の光を効率的に集める新設計のレンズで前方を照らすことで、見えにくかったゴミも浮かび上がらせる。

延長パイプの設計は、部分的に薄肉化を行うことで強度を保ちつつ軽くする「トポロジー最適化」手法を用いた。加えて独自の「ハイパワー3Dファンモーター」により空気の流れを効率的に制御。モーターの素材にはアルミを引き続き使用するなど、標準質量1.4キロの軽量とパワーを両立した。

電池は交換して使えるカセット(脱着)式を採用。別売の電池による連続使用が可能だ。「スティックスタンド」に本体と付属ツールを全て収納でき、サッと取り出して掃除が行える。

カラーはシャンパンゴールド。

また、インテリアになじむスタイリッシュなデザインの"2 in 1"タイプ「PV-B300H」を4月中旬に発売する。

いずれも価格はオープン。