「カツオノカンムリ」というクラゲが、鹿児島県奄美市の「大浜海浜公園」で2021年3月に大量に打ち上げられた。

このクラゲは毒をもっており、興味本位で触ると危険だ。J-CASTトレンドは21年3月18日、大浜海浜公園内の施設「奄美海洋展示館」の学芸員にカツオノカンムリについて取材した。

夏だけでなく通年活動

カツオノカンムリは、黒潮海域に生息するクラゲの一種。主に太平洋沿岸や日本海沿岸で見られることがある。学芸員は、こう説明する。

「クラゲは基本的に軟体で、骨格のようなものを持たないのですが、カツオノカンムリはプラスチックのようなペラペラの部分があり、そこに気泡をためて浮くことができます」

カツオノカンムリは多数の個体が集まった状態で、海の表面を漂う。透明な三角形の帆をもち、風を受けながら移動する。学芸員は「群体性のため、一度に大量に打ち上げられる特徴があります」と話した。通常浅瀬にはいないが、黒潮の影響で海が荒れたり波がぶつかり合ったりすると、打ち上げられるという。

クラゲといえば一般的には夏によく見られるイメージがあるが、カツオノカンムリは通年活動している。そのため、今回のように3月に見られることが珍しいわけではない。

刺された部分を海水で流してからお湯に浸ける

よく似たクラゲに「カツオノエボシ」がある。両方とも美しい見た目で似た名前だが、「カツオノエボシ」と「カツオノカンムリ」は別物だ。カツオノエボシは猛毒をもつ危険な海洋生物で、最悪の場合は命にかかわる。J-CASTトレンドでは2020年7月に記事でその危険性を取り上げた。

一方で、カツオノカンムリは刺されると痛み、赤くなり腫れることもあるが、カツオノエボシほどの危険性はない。ただ、「不用意に触ったり、踏んだりしないように注意してほしい」と担当者は促す。

刺された際の応急処置は、「まず海水で刺された部分を流します。その後、40度から45度くらいのお湯に浸けてください」。

この時、砂でこすりつける、冷たい真水で洗い流す、いずれも禁物だ。また一般的なクラゲに刺された場合、お酢をかける人もいるようが、これも避けよう。

「カツオノカンムリの場合は『刺胞』という毒の部分を刺激して、かえってさらに毒を出してしまうことがあります。お湯をかけてもらうのが一番良いかと思います」。

これはあくまで応急処置だ。その後、医療機関で診てもらう必要がある。