新型コロナウイルスにより、テレワークが本格的に導入されてからそろそろ1年。通勤をやめて在宅で働くというスタイルの変化は、生活にどんな影響を及ぼしただろうか。

J-CASTトレンドは首都圏在住の会社員3人に、最近の「テレワーク事情」を取材した。すると、愛と葛藤のリアルな実態が垣間見えた。

同僚にはもちろん秘密♪

「この1年で、仕事場が自宅から彼氏の家に変わりました」

元気よくこう話すのは、20代の女性。初めてテレワークをしたのは1度目の緊急事態宣言が全国に発令された2020年4月だ。普段は営業職だが、週の半分は出社せず、事務作業がメインとなった。当初は自宅で真面目に事務作業と資格の勉強をしていたが...。「基本的にやることが少ないので、時間に余裕があります。夏に彼氏ができて、そこからは...」と苦笑した。

相手もほとんどテレワークのため、お互いが在宅の日は恋人の家で仕事することが自然となった。勤務先の同僚には、もちろん秘密だ。

「一緒にご飯を作って食べたり、テレビ見ながら仕事したり楽しいですね。会える時間が増えたので、仲も深まりました」

別の20代女性もまた、昨冬から恋人の家で仕事するようになった。1年ほど前から週3回ほどテレワークだ。社内恋愛だが、相手は勤務地が異なるうえ、自身の職場から彼の家まで片道1時間半かかる。わざわざテレワーク前日の夜、彼の家に電車で行って宿泊し、翌日はそこで「在宅勤務」すると明かす。

「今のところ会社からテレワーク終了の連絡は来ていません。暇な時間が多いので出社して仕事したい気持ちもあるけど、楽だから終わってほしくない」と葛藤していた。

楽しみが食事しかないことに気付いた

この1年で、体型が目まぐるしく変化した人もいた。営業職の20代男性だ。通勤時間が無くなった分、自分磨きに時間を費やすようになった。

「昨年春から夏にかけてはモチベーションが高く、仕事の合間に筋トレしたり、夜はランニングしたりで体重が最大9キロ減りました」。

以前は外食が多かったが、それをやめて野菜中心の自炊にしていたという。しかし、ずっと自宅にいたため次第にストレスがたまるようになり、夏の終わりから「楽しみが食事しかないことに気付いた」。そこからみるみるうちに、7キロ増えた。

以後は、週ごとに体重が3キロ単位で増減を繰り返しているという。現在はモチベーションが復活しつつあるそうで、「次は体重よりも見た目重視で肉体改造する」と意気込んだ。