朝昼晩、毎日必ず使う歯ブラシ。皆さんは、どれくらいで新品に交換しているだろうか。

J-CASTトレンドは、男女20人に交換頻度を聞いた。新調するペースはまちまちだが、長期間使い続ける人が少なくなかった。歯科医が推奨する交換時期とは、開きがあるようだ。

「毛先がボサボサ」で交換は危うい

一番多かった回答は「毛先がボサボサになってきたら」。6人がこう答えた。明確に交換時期は定めず、「なんとなく古くなってきたら」、「毛先が開いて使えなくなったら」と見た目で交換を決める人が目立った。

次に多かったのが「2〜3か月に1回」(5人)だ。続いて「月に1回」(4人)、「4〜5か月に1回」(4人)が同人数だった。

「半年に1回」と答えた人も1人いた。「ボロボロになってきても『もったいない』、『まだいける』と思って使い続けちゃう」という。「コロナ禍で在宅時間が増えて歯磨きの回数も多くなり、交換頻度が早くなった」と答えた人も数人いたが、それでも取材した中で最も早かったのが「月1回」だった。

実際にはどれくらいのペースで交換するのが望ましいか。

各歯科医院の公式サイトを確認すると、「1か月に1回の交換が目安」としているところがほとんどだ。生活用品メーカー・ライオンが展開する口腔ケアシリーズ「システマ」も公式サイト上で、1か月に一度が目安としている。「毛に弾力がなくなってくると、汚れを落とす効果が弱まってしまう」との説明だ。

見た目きれいでも汚れを落とす力は弱まる

「医療法人社団 一明会 用賀駅東口歯科」も、公式サイト上で、「歯ブラシの寿命は1か月」としている。同じ歯ブラシをずっと使い続けると「虫歯や歯周病になりやすくなる」、「細菌が増殖する」、「歯茎や歯を傷つけやすくなる」など、逆に歯にとって「良くないこと」が生じるというのだ。

「松ヶ枝町歯科クリニック」も同じく月1回交換を推奨。1か月使うと毛の弾力が徐々に落ち、毛先が少しずつ開くという。すると、汚れを落とす力が衰える。見た目はまだきれいでも、交換を勧めている。

こんな調査結果もある。歯ブラシ専用洗浄除菌剤メーカー「エクセルファースト」が2020年10月、歯科医師1113人を対象に実施したアンケートを見てみよう。

「本来歯ブラシはどれくらいの頻度で交換すべきですか?」との質問では、「1週間〜2週間未満」(32.3%)と回答した医師が最も多かった。次いで「2週間〜3週間未満」(31.6%)、「3週間〜4週間未満」(20.2%)と続いた。1か月待たず、もっと早く変えたほうがいいとの考えもあることがわかる。