こくみん共済 coop、一般財団法人渋谷区観光協会、一般社団法人渋谷未来デザインの3団体は、防災、減災の普及啓発活動「もしもプロジェクト渋谷(MOSHIMO PROJECT SHIBUYA)」を2021年に始動させた。

この活動の一環として、5月1日13時から各分野のクリエイターと防災、減災を考える「もしもカンファレンス」を、プロジェクト公式ユーチューブチャンネルで無料配信する。

4つのテーマに分けて登壇者がトークセッション

「もしもプロジェクト渋谷」では、今後予期せぬ災害が発生した時のために何ができるか、どう備えられるかを考え、渋谷全体で災害に対応できる街づくりを目指す。3団体は、これまでのさまざまな災害対応の中で得た教訓と経験を基に、更なる防災、減災の普及とネットワークづくりを推進していく。

5月1日の「もしもカンファレンス」では、登壇者によるトークセッションが配信される。「マイノリティデザインと防災・減災」、「もしもプロジェクトの未来に関して」、「復興に関して」、「企業の取り組み」の4つのテーマに分けて実施。クリエイティブディレクターでarca代表の辻愛沙子氏や、コピーライターで「世界ゆるスポーツ協会」代表の澤田智洋氏などが参加する。

なお、当日配信されるのは、4月20日に事前収録した映像とのこと。

渋谷駅周辺のポスター、ビルボードにメッセージ

今年のゴールデンウィーク期間にあわせて、渋谷の街全体を使って「もしもWEEK」も開催する。防災、減災の啓発を目的に、震災への意識を高めるポスターなど、デジタル技術を活用した広告「サイネージ」を掲出する。

「もしも渋谷で大地震が起きたなら、どうすればよいか」をテーマに、渋谷駅周辺のポスター、ビルボードにメッセージを掲げる。各場所で張り出されるメッセージには、その場所にあった災害時の備えなどが盛り込まれる。

「もしもWEEK」は5月1日〜14日に開催予定。