「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が米国でも大人気だ。現地では2021年4月23日に公開。4月30日から5月2日の週末にかけて、全米でトップになった。鬼滅の刃の英語版公式ツイッターも「MugenTrain is the #1 movie in the U.S. this weekend!」(編集部訳:「無限列車編」は今週末、全米ナンバーワン映画です!)と投稿した。

一方、日本では2020年10月16日に公開して以来、今も上映が続く。「緊急事態宣言」の延長決定も重なり、さらにロングランになりそうだ。

「煉獄さん」カード配布開始の延期が発表

劇場版「鬼滅の刃」は、2021年6月16日にすでにDVDとBlu-rayの発売が決定している。公式サイトのトップページには、「終映、迫る」の文字が以前から出ているが、いまだ終わる気配がない。「TOHOシネマズ」では、現在も全国の映画館で毎日上映している。

ツイッターには、まだやっているのか、と驚く声もあるが、これには新型コロナウイルスによる「緊急事態宣言」が関わってきそうだ。現在、東京、大阪、兵庫、京都の4都府県を対象に発令されており、この間営業を停止している映画館もある。

実は2021年5月10日から新たな入場者プレゼントが配布予定だったが、緊急事態宣言の影響で配布開始の延期が発表になった。作中に登場するキャラクター「煉獄杏寿郎」の誕生日を記念した、アニメーションを手がけたスタジオ「ufotable」描き下ろしのバースデーカードだ。人気キャラということもあり、入手を待ち望んでいたファンは多い。

公式サイトによると、新たな配布時期については「決定次第、映画公式HP・SNS等にてお知らせ致します。何卒よろしくお願いいたします」としている。

さらに、4都府県の緊急事態宣言が5月31日まで延長と決まった。さらに12日からは愛知県、福岡県も対象地域に含まれることに。このままいけば、カードが配布されるのはDVDが発売する頃になるのではと、さらなるロングランを期待する人もツイッターにはいる。