NTTドコモのスマートフォン向け料金プラン「ahamo」で、一時的に申し込みがしづらくなる現象が起きた。ドコモの発表によると2021年5月30日23時頃に発生し、31日10時33分頃に復旧した。

ahamo公式サイト上の発表を見る限り、障害の原因は明らかにされていない。ただ、「先行エントリーキャンペーン」参加者に向けたahamoへの申し込みの期限が当初5月31日だった。

最大6000ポイントもらえる

ahamoでは3月25日まで「先行エントリーキャンペーン」への申し込みを受け付けていた。先行エントリー後にahamoへの契約を行うことで、会員制ポイントサービスの「dポイント」を最大6000ポイントもらえるというものだ。

その「dポイント」がもらえる期限が、5月31日までと告知されていた。この日までにahamoへの契約を行う必要があった。その前夜の30日夜にシステム障害が発生し、翌朝まで続いたのだ。

今回のトラブルを受け、キャンペーンの申し込み期限は6月7日まで延長されることとなった。

終了期限を知らせる電話

ツイッター上には、先行エントリーをした人に対して契約対象期間の終了が近いことを告知し、契約を促す電話がドコモからかかってきたとの報告が5月中に複数みられる。

システム障害の原因は明かされていないが、dポイントがもらえる契約期間の終了が近づいたことで「駆け込み」で申し込みを行う人が続出し、一時的にアクセスが増大した可能性がある。新たに設定された期限は、6月7日。この日、再びエラーが発生しなければよいが――。