2016年末に解散した「SMAP」。21年9月9日が、CDデビュー30周年となる。日付が変わった瞬間から、ファンから祝福の声が止まらない。

元メンバーは今も時折、歌を披露している。その様子に、ツイッターにはこんな願いが書き込まれている。もう一度、5人そろって歌っている姿が見たい――。

キムタク「がんばりましょう」歌唱

SMAPは、1991年9月9日にシングル「Can't Stop!! -LOVING-」でデビュー。解散後も人気は衰えず、事あるごとに再結成を求める声があがる。5人は現在も各々芸能活動を継続中だ。木村拓哉さんはジャニーズ事務所に所属、残り4人は退所している。

30周年を迎え、改めてSMAPのライブ映像や歌番組を見返したファンがツイッターで、「やっぱ、良い曲ばっかりだな」とつぶやいている。テレビやラジオでも、いまだにSMAPの楽曲が流れることは多々ある。21年9月9日のラジオ「Blue Ocean」(TOKYO FM)では、SMAP特集が組まれた。2時間たっぷりグループの魅力が放送された。

実は元メンバーは、解散後もそれぞれテレビなどで歌を披露している。木村さんは、21年1月1日放送の「さんタク」(フジテレビ系)に生出演し、SMAPの「がんばりましょう」を歌った。ゲスト出演していた木村さんの後輩にあたる「KAT-TUN」の亀梨和也さん、「A.B.C-Z」の河合郁人さんらとともに地上波でかつての「持ち歌」を披露した。

久しぶりに中居正広が生歌

「新しい地図」として活動している稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さん3人は、配信限定で何曲もリリースしている。2019年にデジタル配信した楽曲「星のファンファーレ」は、スマートフォン用ゲーム「星のドラゴンクエスト」の応援ソングとしても使用された。

「新しい地図」のレギュラー番組「7.2 新しい別の窓」(ABEMA)では、アーティストとコラボレーションしてパフォーマンスを披露するコーナー「ななにースペシャルライブ」がある。これまで、高橋優さんやロックバンド「Novelbright」などを招き、ゲストや「新しい地図」の楽曲を3人で歌ってきた。

現在歌手活動はしていない中居さんだが、21年8月29日放送の「FNSラフ&ミュージック 歌と笑いの祭典」(フジテレビ系)で、「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」を生で歌った。音程が外れる場面もあったが、久しぶりに歌唱を披露したこともありツイッターには歌っている姿を見て泣いた、というファンからの書き込みが複数あがった。

しかし、「やっぱり物足りない」。バラバラではなく、5人揃って、アイドルとして歌っている姿が見たい――。ファンの願いは、いつか届くだろうか。