マリトッツォの親分みたい...。インターネット上で、そう話題になっている食べ物がある。コンビニエンスストアのローソンが2021年9月21日に発売した「おやつコッペ リッチミルク」だ。菓子パンだが、まるでマリトッツォのようにクリームがたっぷり詰まっている。

ただ、ローソンではこれとは別に、「マリトッツォ」という商品がある。両者の違いは何か。比較してみた。

ナッツの風味が強く、アレンジが効いている

J-CASTトレンドの記者は、東京都内のローソンで両方を購入した。

「澄(すみ)ふわマリトッツォ(ヘーゼルナッツチョコ入り)」は、2021年8月から販売している。国産小麦の小麦粉をブレンドしたブリオッシュ生地に、北海道産生クリーム、マスカルポーネを加えたクリームをはさんだ。ヘーゼルナッツチョコレートもアクセントとして入っている。価格は260円(税込)。358キロカロリー。

袋から取り出すと、丸い形の生地にたっぷりのクリームがサンドされている。食べてみると、商品名にもある通り生地はふんわり。クリームは思いのほかナッツの風味が強く、どことなくドーナツのような食感と味わい。かなりアレンジが効いている印象だった。

ぎっしり詰まった生クリーム

一方、ネット上で「ボスマッツォ」とも言われている「おやつコッペ リッチミルク」は、北海道産生クリームのみを使ったシンプルな菓子パン。コッペパンということもあり、丸ではなく横長だ。価格は228円(税込)。

皿に乗せると、そのクリームの量に驚く。とにかく、隙間なくぎっしり詰まっている。パンだが、生地はサクッと軽く歯が入り、非常に軽い。クリームは甘すぎず、全くくどくない。ボリュームはあるが、ふわっとしたくちどけで、どんどん食べ進められた。スイーツっぽさが強く、菓子パンとはいえ「シンプルなマリトッツォ」と言っても違和感はないようだ。

両方の断面を比較すると、生地とクリームに違いがあることが見てわかった。だがマリトッツォは、イタリア発祥の伝統的な菓子で、パン生地にたっぷりの生クリームを挟んだもの。「おやつコッペ」の味は先述したとおりマリトッツォに似ていると、記者は実感した。

ツイッターにも「おやつコッペ」は、本場のマリトッツォの味にそっくりだったと感動の書き込みがあった。