各種家電およびパソコン関連などを扱うLGエレクトロニクス・ジャパン(東京都中央区)は、最上位モデルのみをラインアップしたプレミアムブランド「LG SIGNATURE」から、8K有機ELテレビ「OLED88Z2PJA」の受注生産受付を2022年7月29日にはじめた。

ネット動画も高画質で

88型の大画面で、約3300万個の素子が個別に自発光することで"本物の黒"を再現する。極細ブラックベゼルと高級感のあるシルバーのキャビネットスタンドなどプレミアムなデザインを採用する。

映像エンジンは何百万の映像ソースを学習したという第5世代リアルタイムAI(人工知能)プロセッサー「α9 Gen5 AI Processor 8K」を搭載。地上波の2Kや4K解像度の映像も8K水準の画質へアップスケーリングする。

AIが映像を解析し、ノイズを徹底的に除去することで、クリアかつ鮮明な表示を実現。地上波やインターネット動画サービスなど様々なコンテンツに合わせて、美しい映像を映し出す。

音響面では映像のジャンルをAIがリアルタイムに分析し、臨場感のあるバーチャル7.1.2チャンネルサウンドに変換する「AIサウンドプロ」などの機能を搭載する。

最新のゲーム機に対応したHDMI端子を装備。「HDMI 2.1」の要件となる「eARC」、可変リフレッシュレート「VRR」、自動低遅延モード「ALLM」などをサポートする。4K/120Hz、8K/60Hz表示に対応するほか、パソコンとテレビのリフレッシュレートを同期させることでズレやカクつきを抑える「NVIDIA G-SYNC Compatible」認定を取得している。

「個人アカウント」機能を追加し、AIがおすすめのコンテンツを表示したり、ホーム画面に表示されるアプリを自分仕様にカスタマイズできる。テレビに向かって話しかけるだけで独自AI「ThinQ AI」が起動し、電源のオン/オフや音量の調節などの操作が行える。

市場想定価格は383万円前後(税込)