些細なきっかけで起こるあおり運転。

2017年「あおり運転」を世間に広めた通称、東名高速夫婦死亡事故では、パーキングエリアの駐車エリア外に駐車したことを注意されたのをきっかけに、長距離にわたりあおり運転を行い、最終的に被害者2名が死亡する悲惨な事故へ発展しました。

ニュースを見ると被害者側にとっては驚くほどに些細な行動がきっかけになっていたりします。なぜ、このような些細な行動にここまで怒りを感じてしまうのでしょうか。

今回は特別に、駿河台大学の小俣教授に、あおり運転をしてしまう加害者の心理について意見をお聞きしました。

※あおり運転に関する心理学的研究はほとんどなく、日本ではまだ十分に検討されておりません。従来の社会心理学や犯罪心理学の知見からするとどう解釈できるか、という点でお伺いしました。

運転中に攻撃行動に出てしまう心理とは

事故ナビ編集部:昔から「ハンドルを握ると人が変わる」という話もあるように、温厚な人も運転すると攻撃的になるケースもあるかと思いますが、なぜそのようになってしまうのでしょうか。

あおり運転につながる理由とは

事故ナビ編集部:車内を特別な空間(なわばり)と思ってしまい、守りたい気持ちから相手を攻撃してしまうのですね。

事故ナビ編集部:普通の行動であっても、相手が自分に敵意があるように感じてしまうのですね。

敵意帰属が形成されてしまう原因とは?

事故ナビ編集部:敵意帰属は、生まれ持った性質なのでしょうか。それとも、育ってきた環境で形成されるのでしょうか。

事故ナビ編集部:今までの生活の学習の結果のひとつに「あおり運転」があるわけですね。

あおり運転をしやすい人は日常生活にも影響がある?

事故ナビ編集部:お話を聞いている限り、あおり運転をしてしまう人は、日常生活や人間関係にも問題が発生しやすそうですが、そのような影響は考えられますか?

事故ナビ編集部:社会的協調性が低いという共通点があったのですね。

あおり運転被害に遭った場合の対処法

事故ナビ編集部:あおり運転を受けた場合、加害者の攻撃行動や怒りをおさえてもらうために、被害者はどのような対処をすべきでしょうか。

事故ナビ編集部:やはり、通報や警察への相談が最善なのですね。逆に親や友人など自分の乗る自動車の運転手があおり運転をし始めた場合、どうすべきでしょうか。

まとめ

あおり運転は、こちらが安全運転していてもいつ被害者になるかわかりません。加害者の認知のゆがみが関係している可能性があるとのこと。

そもそも考え方やものの見方が違う可能性がありますので、被害に遭った場合は無理に話し合うことは避けましょう。

その上で、外に出たりせず、ドライブレコーダーなどで録画の上、警察へ通報・相談しましょう。