日本航空は20日、国内線機内での無線通信Wi―Fi(ワイファイ)によるインターネット接続サービスを無料にすると発表した。現在は有料だが、8月末までの期間限定で無料にしている。機内環境を充実させ、格安航空会社(LCC)などとの差別化を図るのが狙い。

 機内に持ち込むワイファイ対応端末で離陸直後と着陸直前の各5分間を除き、時間無制限で利用できる。衛星通信を使うため接続が不安定になることがあるが、インターネット交流サイト(SNS)への投稿やメール確認、ウェブサイトの閲覧などができる。