東芝〈6502〉は20日、従来の約100分の1以下の低消費電力で検知できる水素センサーを開発したと発表した。半導体の製造ラインで開発できるため、低コストで大量生産が可能といい、今後製品化を目指す。