JR西日本〈9021〉は20日、カジュアルな新長距離列車を導入し、2020年夏の東京五輪開催前の運転開始を目指すと発表した。京阪神―山陰、山陽など、複数の区間を1泊2日程度で走る。豪華寝台列車「瑞風」とは異なり、シニア世代やインバウンド(訪日観光客)など幅広い層を対象に、気軽に鉄道の旅を楽しんでもらう。