【ニューヨーク時事】ロイター通信は11日、日産自動車が前会長のカルロス・ゴーン被告をめぐる社内調査の対象を米国やインドの案件などにも広げたと報じた。ゴーン被告の側近と目され、同日に辞任が明らかになったホセ・ムニョス氏(前チーフ・パフォーマンス・オフィサー=CPO=)が米国で行った決定も対象になっているという。