ドイツ自動車大手BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」(東京)が販売店に不当なノルマを設定し、達成できなければ買い取らせていたとして、公正取引委員会は11日、独禁法違反(不公正な取引方法)の疑いで、同社などを立ち入り検査した。

 関係者によると、同社は数年前から複数の販売店に対し、通常の営業活動では達成困難な新車の販売ノルマを設定。達成できなければ販売店に買い取らせるなど不当な取引条件を設けていた疑いがある。