【ロサンゼルス時事】カナダのサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」の運営会社は29日、同国の企業債権者調整法に基づく破産手続きに入ったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で公演の中止を余儀なくされ、収入が途絶えていた。米投資ファンドのTPGキャピタルや中国の複合企業、復星国際など既存株主の支援を受けて興行再開を目指す。