ツイッターに同性愛者を差別する内容の投稿をしたのは人権侵害だとして、神奈川県弁護士会は20日までに、同県海老名市の鶴指真澄市議(72)に対し、差別発言を繰り返さないよう勧告をした。

 勧告は8日付。勧告書などによると、鶴指氏は2015年11月、自身の公式ツイッターで、同性愛者を「異常人間」とする書き込みをした。批判を受けて謝罪し、書き込みを削除している。

 鶴指氏は勧告について「厳粛に受け止めて、順守する」とコメントした。