生後3カ月の長男を自宅に放置したとして、大阪府警住之江署は18日までに、保護責任者遺棄容疑で自営業の父親(36)=大阪市住吉区=と母親(19)=同市住之江区=を逮捕した。長男は搬送先の病院で死亡した。同署によると、夫婦は容疑を認め「長男を置き去りにして、遺棄したことに間違いない」と供述しているという。

 逮捕容疑は16日午後11時ごろから翌17日午前9時ごろまでの間、同市住之江区内の集合住宅の自宅に長男を放置した疑い。

 同署などによると、母親は長男にミルクを飲ませベビーベッドに寝かしつけた後、外出し夫婦で大阪市内のホテルに宿泊した。帰宅すると、長男はうつぶせの状態で息をしていないのを母親が発見。午前9時20分ごろ父親が119番し、病院に搬送されたが間もなく死亡が確認された。