10日午後1時50分ごろ、高知県四万十市勝間の四万十川で、「子供を助けに行ったお父さんが流された」と110番があった。県警中村署によると、兵庫県明石市の会社員三江真二さん(46)が行方不明になっており、同署や消防などが捜索している。

 同署によると、同日午後1時45分ごろ、川で泳いでいた三江さんの小学5年の息子(11)が「岸へ戻れない」と助けを求めたため、三江さんが川へ飛び込んだ。息子はカヌーに救助されて無事だったが、三江さんの行方が分からなくなった。

 三江さんは、妻と息子、小学3年のめい(9)の4人で川に遊びに来ていた。

 現場は川幅約100メートル、水深約7メートル。ここ数日の雨の影響で普段より水量が多く、流れも速かったという。