ロボットが客室にお届け物―。東京・品川駅前の「品川プリンスホテルNタワー」(東京都港区)に日本で初めて10月からお目見えするデリバリーロボット「リレイ」が14日公開された。

 スタッフが荷物と行き先をセットすると自分でエレベーターに乗り、障害物や人をよけながら廊下を客室前まで移動する。水飲み台のようなやや無機質なデザインだが、客が荷物を取り出して星の数で評価すると、「ピッー」とかわいい喜びの音を出す。

 プリンスホテルの武井久昌専務執行役員は「備品を届けることから始め、クリスマスのプレゼントなどにも広げたい」と話した。

 開発した米企業によると、米国を中心に約50ホテルで導入済みで、日本は3カ国目。今後は病院などでも活用してもらう計画という。