新潟市西区の小学2年大桃珠生さん(7)が殺害された事件で、死体遺棄・損壊容疑で逮捕された会社員小林遼容疑者(23)が「車に遺体を乗せ移動していた」と供述していることが16日、捜査関係者への取材で分かった。

 新潟県警新潟西署捜査本部は、小林容疑者が遺棄場所を探していた可能性が高いとみて調べている。捜査本部は同日、小林容疑者の自宅を捜索した。

 捜査関係者によると、小林容疑者は「車に(大桃さんの)遺体を乗せて、あちこち行っていた」と供述。最終的に遺棄現場へ向かい、車から遺体を出して線路内に置いたという趣旨の話をしている。

 遺体の状況から、大桃さんは連れ去られた後、間もなく殺害されたとみられている。司法解剖の結果、死因は窒息と判明した。