岩屋毅防衛相は9日の記者会見で、航空自衛隊の戦闘機の接触や車両の事故が相次いで起きたことについて、「深く反省しなければならない。再発防止を指示した」と述べ、謝罪した。

 岩屋氏は今月2日に起きた空自築城基地(福岡県)所属のF2戦闘機2機の接触事故について「航空機の接触は大変な事案だ。対策に万全を期したい」と述べた。

 青森県おいらせ町で7日に空自三沢基地(同県)の大型車両が民家に突っ込んだ事故についても「被害に遭われた住民の方をはじめ、地元関係者の皆さまにおわびを申し上げる。原因究明と再発防止に努めたい」と話した。