放送倫理・番組向上機構(BPO)放送倫理検証委員会(小町谷育子委員長)は21日、アイヌ民族への差別的表現があった日本テレビ系の情報番組「スッキリ」に関して、放送倫理違反があったと発表した。

 問題となったのは3月12日の放送。事前収録されたコーナーで、アイヌ民族の女性を描いたドキュメンタリーを紹介した際、出演タレントが動物の名前に引っ掛けた駄じゃれを用いる場面があった。

 小町谷委員長は「放送は明らかな差別表現を含んだもの」と指摘。その要因として、収録動画の最終チェック体制が極めて甘かった点や、差別の歴史と実態に関する基本的な知識がスタッフ間で決定的に不足していたことを挙げた。その上で「これらが備わっていれば、差別発言がオンエアされ、社会に広く伝播(でんぱ)することはなかった」と結論付けた。

 日テレ広報部は21日、「本日のBPOの意見を真摯(しんし)に受け止め、今後の番組制作に生かし、再発防止に努めてまいります」とのコメントを公表した。