15日午前8時半ごろ、東京都文京区弥生の東京大農学部正門前の歩道で、大学入学共通テストを受けに来ていた高校生の男女ら3人が刃物で背中を切り付けられた。3人は病院に搬送され、豊島区の男性(72)が重傷を負った。駆け付けた警視庁本富士署員が殺人未遂容疑で名古屋市の私立高校2年の少年(17)を現行犯逮捕した。

 同庁少年事件課によると、「医者を目指し東大に入りたかったが、約1年前から成績が振るわず自信をなくした。事件を起こして死のうと思った」と供述している。被害者との面識はなく、同課は少年が受験生らを無差別に狙ったとみて調べる。

 少年は自宅から持ってきた刃渡り約12センチの包丁で、男性の背中を刺した後、千葉県市川市の女子高校生(17)と同県浦安市の男子高校生(18)を相次いで襲撃した。3人とも命に別条はない。

 捜査関係者によると、少年は14日朝、普段通りに家を出たが午後9時を過ぎても帰らず、不審に思った保護者が愛知県警に行方不明届を提出した。父親も少年の成績に関する悩みを把握していたという。少年は同日の夜行バスに乗り、15日朝に都内に着いた。

 事件直前には、最寄りの東京メトロ南北線東大前駅構内で、複数の爆竹のようなものが破裂。少年は「近くの駅で火を付けた」などと話しており、警視庁は関連を調べている。

 東大は共通テストの試験会場で、2日間で約3700人の志願者が訪れる。大学入試センターによると、テストは予定通り午前9時半から開始された。