米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、同県は20日、政府が進める埋め立て工事の差し止めを求める訴訟を起こす議案を県議会に提出した。7月14日に可決される見通し。これを受け、翁長雄志知事は速やかに提訴に踏み切る。

 これに関し、稲田朋美防衛相は20日の閣議後の記者会見で、「最高裁の確定判決、和解の趣旨に従って本件事業を進めていく考えだ」と述べた。