文部科学省が20日に公表した学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる新文書の概要は次の通り。

 10/21萩生田副長官ご発言概要

 (11月にも国家戦略特区諮問会議で獣医学部新設を含む規制改革事項の決定がなされる可能性をお伝えし)そう聞いている。

 内閣府や和泉(洋人首相)補佐官と話した。(和泉補佐官が)農林水産省とも話し、畜産やペットの獣医師養成とは差別化できると判断した。

 和泉補佐官からは、農水省は了解しているのに、文科省だけが怖じ気づいている、何が問題なのか整理してよく話を聞いてほしい、と言われた。官邸は絶対やると言っている。

 総理は「平成30年4月開学」とおしりを切っていた。工期は24カ月でやる。今年11月には方針を決めたいとのことだった。

 何が問題なのか、書き出してほしい。その上で、加計学園事務局長を(専門教育)課長のところに行かせる。

 農水省が獣医師会押さえないとね。