希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は13日、衆院選後に自民党と大連立を組む可能性について「ございません」と明確に否定した。公示前の党首討論会では大連立を排除していなかったが、姿勢を転換した。報道各社の情勢調査で希望の伸び悩みが伝えられたことを考慮したとみられる。都庁で記者団の質問に答えた。

 小池氏は「希望の党は、きっちりと政策が実現できるように是々非々の対応で進めていくことになる」と述べた。大連立は否定する一方、憲法改正や安全保障政策などで自民党と連携することには含みを持たせた形だ。