【マニラ時事】アジア歴訪中の安倍晋三首相は14日夜(日本時間同)、滞在先のフィリピン・マニラで内外記者会見に臨んだ。来年が日中平和友好条約締結40周年に当たることを踏まえ、「ハイレベルの往来など交流を深めることで日中関係を新たな段階へと押し上げていく」と強調した。

 中国のシルクロード経済圏構想「一帯一路」に関しては「インフラの開放性など国際社会共通の考え方を十分取り入れることで、世界の平和と繁栄への貢献を期待している」と指摘し、「日本はこうした観点から協力していきたい」と述べた。

 また、離脱した米国を除く環太平洋連携協定(TPP)署名11カ国が新協定で大筋合意したことについて「大きな前進だ。公正なルールに基づく自由貿易体制、21世紀型の経済秩序づくりに大きな一歩を踏み出した」と評価。「できるだけ早期の発効に向け、議論を主導していく」と語った。