衆院文部科学委員会は15日、学校法人「加計学園」の獣医学部新設が認可されたことを受け、質疑を行った。林芳正文部科学相は、決定に至る過程で安倍晋三首相の指示はなかったとし、認可判断の正当性を強調した。野党は、引き続き徹底審議を要求した。

 先の衆院選後、初の国会論戦。立憲民主党の逢坂誠二氏は、獣医学部設置に関し、同学園の加計孝太郎理事長が首相と友人関係にあることから「首相や官邸が何らかの肩入れをしたのではないか」とただした。林氏は「首相から文科省に指示はなかった」と否定した。

 林氏は手続きについて「国家戦略特区のプロセスの中で関係法令に基づいて、関係省庁の合意の下で適切に進められてきた」と指摘。その上で「先端ライフサイエンス研究の推進など新たなニーズに対応するものと確認された」と強調した。共産党の畑野君枝氏らへの答弁。

 政府が獣医学部新設の条件とした「既存大学では対応困難」など4項目の検討状況も議論となった。林氏は「(内閣府による)国家戦略特区の認定を経て設置認可申請がなされている。大学設置・学校法人審議会では特区構想との整合性について審査する役割を有していない」と述べ、文科省独自の検討は行っていないと説明した。

 希望の党の山井和則氏は「国民は納得していない。(国会に)首相、加計理事長を呼び、幕引きではなくしっかり審議すべきだ」と批判、認可取り消しも求めた。