安倍晋三首相は終戦記念日の15日午前、東京・九段北の靖国神社に玉串料を私費で奉納した。自身の参拝は見送る。関係改善が進む中国が首相の参拝に反対していることを踏まえ、日中関係に配慮したとみられる。

 2013年12月を最後に、首相は靖国神社への参拝を控え、終戦記念日には玉串料を奉納している。この日は自民党の稲田朋美総裁特別補佐が代理人として玉串料を納めた。

 稲田氏は記者団に、「令和の新しい時代を迎え、改めてわが国の平和と繁栄が祖国のために命をささげたご英霊のおかげであると感謝と敬意を表します」との首相のメッセージを明らかにした。

 首相は15日午前、東京・三番町の千鳥ケ淵戦没者墓苑で献花した。

 一方、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)のメンバー約50人は同日午前、集団参拝した。これに先立ち、自民党の萩生田光一幹事長代行、小泉進次郎厚生労働部会長が参拝した。