関東地方や北海道の一部の信用金庫で、システム障害が起きていることが15日、分かった。現金自動預払機(ATM)での現金引き出しや振り込みのほか、窓口やインターネットバンキングでの取引が朝からできなくなっている。原因は調査中。

 システムを提供している会社が復旧作業に当たっている。金融庁は原因などについて信金側に報告を命じる方針だ。

 15日午前の時点で障害は、西武信金(東京都中野区)、横浜信金(横浜市)、湘南信金(神奈川県横須賀市)、青木信金(埼玉県川口市)、水戸信金(水戸市)、北海道信金(札幌市)、室蘭信金(北海道室蘭市)、旭川信金(北海道旭川市)の計8信金で確認された。