自民党の各派閥は12日、内閣改造・党役員人事後初の会合を開いた。

 懸案の「入閣待機組」2人が処遇された岸田派では、岸田文雄政調会長が「派閥の結束を考えた場合、良い人事だった」と評価。「安倍政権の安定につなげ、日本の政治をしっかり支えていく」と強調した。岸田氏を含む「ポスト安倍」候補が要職に並び、出席者からは「大事なのは2年後の党総裁選だ」との声が上がった。

 二階派も2人が初入閣し、二階俊博幹事長が「しっかりやるように」と激励した。竹下派の閣僚は、ポスト安倍候補の茂木敏充外相と加藤勝信厚生労働相の2人。意中の座を射止めた茂木氏は「グループとして一致団結し、しっかり頑張っていきたい」と語った。

 閣僚ゼロに終わった石破派の会合に石破茂元幹事長の姿はなかった。会合では副大臣・政務官人事などで巻き返しを図る方針を確認した。