自民党の岸田文雄政調会長が10日の衆院予算委員会の質疑で、安倍晋三首相との協調姿勢をアピールした。「ポスト安倍」をめぐり「禅譲狙い」との見立てを否定する岸田氏だが、党内最大の細田派を事実上率いる首相の影響力を意識しているようだ。

 岸田氏は憲法改正を取り上げ、「(有権者に)国会議員の議論を見て、聞いて、考えてもらい、判断していただくべきだ」と述べ、首相と足並みをそろえる形で野党に国会での議論に応じるよう要請。対北朝鮮外交をめぐり政権の方針を分かりやすく説明することを促すなど、首相を支える姿勢を示した。