立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表は10日、東京都内で開かれた連合定期大会に出席した。両氏は次期衆院選で連合の全面的な支援を受けたい考えで、そろって「連帯」を訴えた。

 枝野氏はあいさつで「政治と、働く皆さんの運動が車の両輪になることで、社会構造を変えていける」と強調。玉木氏も「皆さんと連帯を深め、希望の持てる新しい社会をつくっていく」と呼び掛けた。