れいわ新選組の舩後靖彦、木村英子両参院議員は10日、障害者総合支援法に基づく「重度訪問介護」サービスの改善などを訴える集会を参院議員会館で開いた。舩後氏は介助者が文章を代読する形であいさつし、「サービスが議員活動に使えないという問題が注目を浴びた。障害者が望む社会生活を送るため、制度の改善を進めたい」と強調した。

 同サービスをめぐっては、舩後、木村両氏が先の参院選で当選した後、歳費を受け取る議員活動の間が「経済活動」とみなされ公費負担の対象外となることが問題となった。参院が当面、費用を負担することになったが、制度改善の必要性を指摘する声が出ている。