安倍晋三首相は12月下旬に中国・北京を訪れ、習近平国家主席と会談する調整に入った。日本政府関係者が9日、明らかにした。内陸部の四川省成都市で開かれる日中韓首脳会談に合わせたもの。来春には習氏が国賓として来日する予定で、日中両政府は一連の首脳会談を通じて両国関係を本格的に改善させたい考えだ。

 今回の訪中は12月23〜25日が軸。北京訪問後に成都へ移る。日中韓首脳会談には中国の李克強首相と韓国の文在寅大統領が出席。冷え込んだ日韓関係の打開に向け、安倍、文両氏の個別会談が行われるかが焦点だ。