政府は1日、これまでの新型コロナウイルス対策の効果を分析する有識者会議の初会合を内閣府で開いた。委員長には東京電力福島第1原発事故の国会事故調査委員長を務めた黒川清・政策研究大学院大学名誉教授が就き、京都大の山中伸弥教授が会場外からモニターで参加した。

 席上、西村康稔経済再生担当相は、外出自粛や休業要請などの効果の検証を通し「第2波に備えたコロナ対策を進化させたい」と表明。分析に当たっては、計算速度で世界1位となったスーパーコンピューター「富岳」や人工知能(AI)を活用する考えを示し、「第三者的視点で忌憚(きたん)ない意見を頂きたい」と委員に促した。