日本航空石川が土壇場で逆転勝ち。2―5の九回無死一、三塁と好機を築き、2死後に安保から上田までの4連打で4点を奪った。その裏のピンチは2番手杉本がしのいだ。木更津総合は終盤まで優位に進めていたが、山下が踏ん張れなかった。