【ロンドン時事】陸上の世界選手権第7日は10日、ロンドンで行われ、男子200メートルで史上最年少の18歳5カ月で決勝に進出したサニブラウン・ハキーム(東京陸協)は、20秒63(向かい風0.1メートル)で7位だった。2003年大会の同種目で銅を獲得した末続慎吾以来のメダルはならなかったが、今大会の日本勢で初の入賞となった。

 ラミル・グリエフ(トルコ)が20秒09で金メダル。400メートルとの2冠を狙ったウェード・ファンニーケルク(南アフリカ)は0秒02差の2位だった。

 女子5000メートル予選は2組の鍋島莉奈(日本郵政グループ)が15分11秒83の自己新記録を出したものの、9着で敗退。1組の鈴木亜由子(同)も15分24秒86の14着で、9位に入った前回大会に続く決勝進出は果たせなかった。前回9位だった男子やり投げの新井涼平(スズキ浜松AC)は、77メートル38で予選敗退。