天理が快勝した。二回に神野のソロで先制。四回は神野の2打席連続本塁打と森本の適時打で2点、五回にも2点を加えた。坂根は9安打を許しながらも要所を締めて完封。大垣日大は相手を上回る安打を放ったが、散発でつながりを欠いた。